だらしな日記

くよくよ社会人の試練日記。
Posted by sonatine

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sonatine   0 comments

レッドグリフ PartⅡ

映画館で観てきました~。
アクションは映画館に限る。迫力満点で、大・満・足うふ
それと映像がキレイ。リン・チーリンの色気は女の私から見てもすさまじいものでしたうふ

レッドグリフはサクセスストーリーなんだけど、人がバンバン殺されていくのです。
そのシーンを見るたびに、勝った~と喜んでばかりはいられない複雑な気持ちになってました。
最後の「勝者はいない」の台詞には、

「圧勝じゃねぇかよ~ヽ(´o`; オイオイ」

と思いつつ、言ってくれてほっとした。
ジョンウー監督の気持ちなのかもしれませんね。
Part1では金城さん演じる孔明が大活躍でしたが、Part2では周瑜(トニー・レオン)の方が活躍してました。
その男っぷりに惚れました。
んで、周瑜の妻のリンチーリンさんが、「戦はやめて~」と敵陣の大将のとこに行った時は、

「美貌過信しすぎ~ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ」

と思ってたけど、なかなかの才女でしたね。
個人的には尚香さんが一番好きでした。

大砲が飛び、矢が空から降ってきて、周りが火の海となる。
かけ離れた平和な日常はずっと昔の人たちの苦労の上に成り立っているんだと思いました。
今もこんな戦場の真っただ中にいる方たちはどんなに怖いことだろう。
どうか、戦争がなくなりますように、と願った。
海外ものはスケールがでかい。作戦もすごい。
と思ってしまったけど、なかなか日本のも捨てたものじゃありません。
のぼうの城のぼうの城
(2007/11/28)
和田 竜

商品詳細を見る

時は乱世。天下統一を目指す秀吉の軍勢が唯一、落とせない城があった。武州・忍城。周囲を湖で囲まれ、「浮城」と呼ばれていた。城主・成田長親は、領民から「のぼう様」と呼ばれ、泰然としている男。智も仁も勇もないが、しかし、誰も及ばぬ「人気」があった―。


今読んでいる本。
歴史物は苦手なんだけど、読みやすくて面白いです。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。