だらしな日記

くよくよ社会人の試練日記。
Posted by sonatine

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sonatine   2 comments   1 trackback

博士の愛した数式

博士の愛した数式博士の愛した数式
小川 洋子

新潮社 2003-08-28
売り上げランキング : 1,273
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これは最近、映画で見ました。
80分しか記憶の持たない数学博士と家政婦とその息子(ルート)の物語。
とても切ない設定なのに、どこかキュートさのある博士。
子供のことになると、子供みたいに熱心になる博士。
素敵な数学マジックをもって、心を和ませる博士。
そしてそれを引き継ぎ、数学、国語、英語、社会・・・さまざまなことを引っ張り出して数学の先生となったルート。
原作では、違った構成なんだけども、どちらもすばらしい。

深津絵里が年をとってないのは???だったけど。
それにしてもどのドラマでも、深津絵里はピョンピョンはねてるなぁ~。
でも、演技はすばらしい。主婦の鑑でした。

切なさと和みと、景色のすばらしさと×××
最後にホロホロ涙がこぼれてきました。
原作派の人にもオススメな映画です。

偶然の出会い。身近な数字に気をつけてみると、世界の見方が変わるのね。
sonatine数学が苦手で、数式は???となったとこもあったけど、数学とロマンチック。
似て非なるものと思っていたけど、だからキレイだな、と思いました。
→よくわからない説明でごめんなさい。
題名から何から、とても素敵な映画でした。


Comment

☆すぅ☆ says... "わかるなぁ"
深津ちゃんと寺尾聡というキャストがたまらなくそそります。
そうか、やっぱりいいか。
『有頂天ホテル』も気になります。
2006.02.07 00:39 | URL | #2Qwf./yA [edit]
sonatine says... "いいですよ~"
有頂天もヒットしてるみたいだし、気になります。
今年も本の原作がガンガン映画化されているみたいなので、たくさん映画をみたいなv-345
2006.02.08 11:41 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://gorota.blog32.fc2.com/tb.php/65-0e5091f3
博士の愛した数式
先日、丸の内東映で「博士の愛した数式」を観てきました。 50万部のベストセラーに輝いた小川洋子原作の同名小説を 小泉堯史監督が映画化した作品。 80分しか記憶が続かない数学博士という難役に寺尾聰が熱演。 彼の世話をする家政婦の杏子に深津絵里と、 その10歳の息子
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。