だらしな日記

くよくよ社会人の試練日記。
Posted by sonatine

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sonatine   2 comments

K-20 怪人二十面相

またしても一人映画に行ってきました~kao03
これはかの有名な二十面相の話をリメイクしてあって、戦争がなかった場合の未来の日本の話、というところに惹かれて見ることにしました。

戦争がなかった日本は、華族と貧乏人の身分がぴっちりわかれていて、
華々しいお金持ちとは裏腹に、貧乏人は働けど働けど食べていくのに精いっぱい。
あれ、これってワーキングプアですねぇ。

まぁ、それは置いといて。
すごく印象に残ったのが、

「民を大切にしない国は衰退していく」
「才能がある者が作り上げていく社会」

という言葉。(確かこんな感じ)

K-20のスタッフはあの大ヒット作のALWAYS-三丁目の夕日-のスタッフ。
狙ったとは思えませんが、この大不況の中で、すごく重なる部分がありました。

今の日本は人を大事にしていない。このままいけば衰退?
才能があるものが作り上げていく社会。
じゃあ、ない人は・・・?

資本主義社会の犠牲者・・・かといって皆平等に分かち合ってもいいとは限らない。
(手厚い福祉を受けれるスウェーデンは自殺者が多い)
かといって実力者だけが成功する社会もなんだかなぁ・・・。
考えに考えた結果、その人なりの幸せでいいんじゃないかと。
お金や仕事に重点を置く人もいれば、のんびりと家族や自分の時間をすごすことに喜びを感じる人もいる。
自分が一番でなくちゃだめな人も、サポートがいなきゃ仕事はすすまない。
そうやって、人が集まって、いろんな人がいて、それぞれに望んだ分の幸せを得られることがいい社会だと思う。
理想論だけど、そう思う。
社会を変えることはできないけど、周りやせめて自分だけでも。
望む分だけ、努力で未来を変えれる社会が理想。
もちろんそれには、向上心もなくっちゃね。

個人的には、こっそり二十面相表れてくれないかなぁと思っちゃった。
もちろん、大金持ちのみをターゲットにしてね。

突っ込みどころ(少年探偵団とか)はしっかりあったけど、
アクションがかっこよくて、楽しかったです。
私、原作は全く読んだことはないけども、かなり大幅にリメイクしてある感じがしました。
それと俳優陣がとってもよかった。
金城武と仲村トオルはかっこいいし、松たか子がとってもキュートでした。
特に松たか子の無鉄砲で、たくましいお嬢様役は、魅力的。
何か・・・一番良かったかも!

向上心。
浅田真央選手が「攻める気持ち」と繰り返してるように、
今は向上心・攻める気持ちが足りないのかも。
悪い意味で働いてしまうとダメなんだけど、おバカブームにほんわかするのもいいけど、
そろそろまた、賢くいこうぜ!と思いました。
それとそれと、撮影の一部に私の地元、荒尾市と大牟田市が使われてます!
エンドロールでばっちりロケ地として載ってましたうふ
たぶん、炭鉱の場面かなぁと思います。
観に行く場合は要チェックですグッ

Comment

うさきち says... "炭鉱!"
アサデスで「万田鉱」で撮影って言ってた!
すげ~!
2008.12.29 16:04 | URL | #- [edit]
sonatine says... ""
そうです!私は聞いてたのに映画に夢中でエンドロールで思い出した・・・v-11
2008.12.29 23:57 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。