だらしな日記

くよくよ社会人の試練日記。
Posted by sonatine

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sonatine   0 comments

檸檬のころ

檸檬のころ檸檬のころ
榮倉奈々 谷村美月 柄本佑

バップ 2007-09-27
売り上げランキング : 23265
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

初めての通学電車、初めての片思い、初めての告白、初めての仲間、初めての恋…。田んぼと山に囲まれた町に住む普通の高校生の甘くて痛い日常を描いた豊島ミホ原作の同名短篇集を映画化。


原作が大ファンで、これを映像でみたいなぁと思ってレンタル。
西くん役の子がめっちゃかっこよくて、好みど真ん中でした。
頭がよくて、おちついてて、かっこいいから私ならこっちを選ぶなは-と
小説を映画化するとどうしても多少劣ってしまいますね。
あのシーンの描写が足りないとかそんなんもあったし、ネタバレしちゃってるからちょっと冷めてみちゃいました。ごめんなさい、視聴者の態度が悪いです。
役者さんはみなさん、とても素敵でしたよオレンジのきらきら
ストーリーもあったなぁ~って懐かしく思えるものもあったし。
榮倉奈々ちゃんって旬な女の子だけどヘアメイクしだいでは、田舎な女の子にもなるのね~。
あかぬけてない雰囲気がでてました。
それでも、べっぴんさんでしたけど。
高3のころに恋愛なんてするもんじゃない。離れ離れでお互いに好きな人ができて別れるのがオチだから。
お互い好き同士で別れるなんてつらすぎる。
「わかんねぇよ。俺、好きな人にさよならしたことなんてないもん」
ってセリフがズキンときたね。
そうやって、人は大人になっていくもんなんだね。
うーん、甘酸っぱい。
でも、私はやっぱり西くん派だけどねー。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。