だらしな日記

くよくよ社会人の試練日記。
Posted by sonatine

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sonatine   0 comments

美しく果てる

部屋に蚊がいた。
隠れてしまったので、あきらめた。


翌日。

とてもキレイな格好で、
その蚊は
畳の上で死んでいた。


叩かれたわけでもないのに。


わたしの部屋の何かが悪かったのだろうか?
ちょっと不安になった
スポンサーサイト
Posted by sonatine   0 comments

藤田麻衣子さんの曲


偶然に知った藤田さん。
声聞いただけでズキュンやられましたー。
とくに「恋に落ちて」が最高!

なんて、かわいい曲なんだろう。
なんて、綺麗な曲なんだろう。
なんて、なんて、ピュアな曲なんだろう。

こんな風に誰かを好きになれたらいいなぁ。
最近、この曲を聴いてニヤニヤしてます。
Posted by sonatine   0 comments

西野カナさんのbest friendを聞いてみた。

Best FriendBest Friend
(2010/02/24)
西野カナ

商品詳細を見る

イマドキの恰好で、イマドキの歌なんてちっともわから~ん!って思ってたのですが、
西野カナさん、聞いてみたらいい感じ♪♪♪

「best friend」と「会いたくて 会いたくて」をよく聞いてるんですが、
ちょっと気になる点が・・・。
Posted by sonatine   0 comments

流れ肌

肌チェッカーで、測定不能が出るほどのうるおい不足だったので、
ローションパックをやったものの、あいかわらず数値はLow。

肌の調子自体は悪くないんだけど、化粧水が浸透しない。
「こりゃそうとう乾燥してるのかな~」と思って、お世話になってるコスメカウンターで肌チェックしてもらいました☆


結果。




水分量 60◎!
油分  67△(ちょっと多すぎ)
透明感 ◎ But・・・△
肌の代謝 ◎


という意外な結果がでたのです。

* * * * *

んじゃなぜ、私の肌は美肌じゃないかっていうと・・・・


キメがないから


流れちゃってるらしいです


水分は足りてるけど、夏場は蒸発しやすいから保湿に努めるべし。(乳液は必須!)
毛穴の開きがちょっと目立つ。
クレンジングは良好。洗顔がいまいち。
ぬるま湯洗顔はいい。洗顔のときに石鹸を使うならきちんと泡立ててね。優しくね。
ゴシゴシしたらだめですよ。(ついやっちゃうんだよなぁ・・・)
透明感は◎だけど、肌が炎症を起こしてメラニン値が高く、警報MAX。
シミになりやすいから、夏場だけでも処置をすべし。
「日焼けしたとき赤くなるけど、次の日はすぐ戻るんです~」
と言ったら、そういう人が一番シミになりやすい。とのこと。
肌の代謝や血流などがとてもいい数値だからケアしたら効果が表れやすいとのこと。(やったね)


自分では乾燥肌だから、保湿さえしとけばいいと思ってましたが、
美白が必要なんですね。目からうろこが落ちました。
今まで、割と色白といわれてたので、美白に関してはノータッチでしたし
肌の代謝も最悪と思ってたのでウハウハです。

最近は便通もいいし、体調もいいし、気分もいいし、それで肌の内部はいいんだな、
あとは外部の問題(キメです)なんだなぁ。
普段から健康には気をつけていて、それで体は十分こたえてくれていたんだなぁと嬉しく思いました。

とりあえず、オススメしてくれたののサンプルをもらって
効果があれば購入してみようと思います。
化粧水と乳液はそのままでもいい、とのことで導入型の美容液をオススメされました。
化粧水は手作りのやつだけど、効果があったんだなぁー。

いろいろ勉強させてもらいました。
ありがたいです。
Posted by sonatine   2 comments

お水をください

フェイスケアセンサ「Modulus(モデラス)」フェイスケアセンサ「Modulus(モデラス)」
()
不明

商品詳細を見る

肌チェッカーを購入。
定価では4000円ぐらいだけど、楽天ではもう少し安いです。
私はオークションで1500円で落札♪♪


で、やってみた。

2010071614260000.png


L イコール 数値が0未満だとさっ

バラも咲かないわ

弾力値+水分値=評価値で、肌弾力は標準なんですが、水分測定不能レベルなので、
肌年齢は70代以上(合計数値に達していませんでした)ということになります。


今日は夜勤明けで徹夜だったし!!!




しばらくずっと測ろう。スキンケア本当に頑張ろう。シワができそうで怖い・・・。
Posted by sonatine   0 comments

魔法にかけられて

魔法にかけられて [DVD]魔法にかけられて [DVD]
(2010/03/17)
エイミー・アダムスパトリック・デンプシー

商品詳細を見る

お話は、アニメーションの美しいおとぎの世界。アンダレーシアの森の奥深く、動物たちと暮らす一人の美しい娘がいました。彼女の名はジゼル。
ある日、運命の出会いを果たしたジゼルと王子は結婚することになりました。
しかし、王子の継母のナリッサ女王は、自分の玉座を奪われることを恐れ、ジゼルを騙して井戸の底へと突き落としてしまいます!
-「“永遠の幸せ”などカケラもない所へ行くがよい!」
井戸の底に落ちるうちジゼルの身体は“アニメーション”から“実写”へ変化してしまいました。
戸惑いながらもジゼルは光が差し込む重い扉を押し開きます。
なんと、そこは優雅でロマンティックな“おとぎの国”とは正反対の“現代のニューヨーク”だったのです!


★★☆☆☆

なるほど。ディズニーワールドを実写化するとこうなるのか!
姫はまだしも王子は・・・痛いなぁ(笑)
でも、俳優さんたちはよかったです。
ディズニーランドが大好きだニャンな人はいいかも。
ちなみにわたしは、魔法にかかりませんでした
Posted by sonatine   0 comments

LOVE

大切なキモチ大切なキモチ
(2010/04/14)
Love

商品詳細を見る

全然知らなかったんだけど、某レンタルショップにて流れてたのを聞いて、聞き惚れ
店員さんに、「今流れてる曲なんですか!!!」と聞いてレンタルしてきた。
声が・・・すごくいい。心地いい。
ユニット名と同じくラブソングばかりなのですが、ず~っと聞いていたい曲。
このアルバムが恋を運んでくるかもしれません。フフフ。
Posted by sonatine   0 comments

おばあちゃんの家

おばあちゃんの家 [DVD]おばあちゃんの家 [DVD]
(2004/03/26)
イ・ジョンヒャンキム・ウルブン

商品詳細を見る


★★★★★

職場の人にオススメされた映画。

母親の職探しの間、おばあちゃん家で過ごすことになったサンウ。
おばあちゃんちは山奥のど田舎でソウル育ちのサンウは退屈でしかたない。
おばあちゃんは、口がきけない、耳が聞こえない。
馬鹿にする、いたずらをする。わがままを言い放題。
そんな彼の願いをおばあちゃんは何とか叶えようとする。

面識もなかった孫。お金もない。物もない。
馬鹿にするし、ものっすごいわがままでいじわるするし、このクソガキ~!!!って何度思ったことか。
でも、おばあちゃんは怒らない。
会話はない。文字もはっきり読めない。
だけど、ヒシヒシと伝わってくるんだ。おばあちゃんの愛情が。
見返りを求めない愛情ってすごいなぁ。
山道の過酷な道を、おばあちゃんはひとつひとつ曲がった腰でゆっくりと歩く。
顔にはたくさんのシワがあって、家も古びていて、物は最低限。
おばあちゃんは、どういう思いで今まで生きてきたんだろう。
言葉で語られることもないから、それはわからない。
けど、おばあちゃんからは生きる力がしっかりとあって、
長い年月を生き抜いてきた大人の貫禄がしっかりとある。
まだまだだなぁ、負けてるなぁ。
あたりまえだけど、そう思った。

私は自分勝手だなぁって思った。
自分のしたいようにして、いつだって人よりも自分が優先。
他人のことを、自分より優先できるようにいつかなるのだろうか?
変わりたい。変わろう!
この作品を見て、そう思った。

派手な演出も、お涙ちょうだいの演技もない。
だけど、無償に泣けた。
すごく、すごくいい映画だった。

オススメしてくれた人、ありがとう。
Posted by sonatine   0 comments

ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~

ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ [DVD]ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ [DVD]
(2010/04/07)
松たか子浅野忠信

商品詳細を見る

秀でた才能を持つ小説家の大谷(浅野忠信)と誠実で美しいその妻・佐知(松たか子)。大谷はその
才能とは裏腹に、お酒を飲み歩き、借金を重ね、妻以外の女性とも深い関係になってしまう破滅的な生活を送っていた。
ひょんなことから夫の借金を返すために飲み屋・椿屋で働き始めた佐知は、あっという間にお店の人気者になり、日に日に輝きを増していった。
そんな佐知は、常連客の一人、大谷ファンの青年・岡田(妻夫木聡)や昔佐知が振り向いてもらえなかった弁護士・辻(堤真一)から好意を寄せられるのだった。
見違えるように美しくなっていく佐知に嫉妬する大谷。
そして大谷は、書くことそして生きることに苦悩し、愛人の秋子(広末涼子)と心中未遂を起こしてしまう。
それを知った佐知は・・・。



★★★★★

太宰治さんの自伝的な話でしょうか。
どうしょうもないです。
ものすごくできた嫁も、そんな男を好いてしまったのだからどうしょうもないです。
どうしょうもない男と女を、松さんと浅野さんが色気たっぷりに演じてくれてます。
決して着飾ってるわけでもないし、裕福なわけでもない。
とくに男のほうはなよなよしてて、だらしなくて、プライドが高くて最低の男なのに。
二人のこの艶は何だろう・・・。
どうして周りを魅了してしまうのだろう。
そう思いながらも、ふたりの魅力にはまってしまった。

ふたりは、うまくいってないようで、「男と女」ということを捨て切らない。
夫ではなく、先生でもなく、恋でもなく、愛する男として彼女の中にいる。
互いを異性として意識している。・・・からかな、と思った。

新婚でもないし、結婚して子供もいて、生活も大変で、旦那が浮気ばっかり、勝手に借金も作るわ、情けないわで普通なら愛情もさめてしまうんだけど、手放そうとしない。見放そうとしない。
愛しているから。
そして、愛されているのを知っているから。
この厄介なふたりの愛情が、男と女、というのの象徴のように思えた。

太宰は深いです!たぶん、小説なんか読んじゃったらはまりそう!
落ち込みまくってる今、人間失格読んだら、共感しまくりで引きずられて鬱になっちゃうかも。


* * * * * * * * * * *

松たか子に浅野忠信。
すごくよかったです!はまり役!
広末さんもズラ以外は、松さんと火花をバチバチとやるとこなんざ最高でした!
やるじゃないの~♪
妻夫木くんは、かませ犬でしたねぇ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。