だらしな日記

くよくよ社会人の試練日記。
Posted by sonatine

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sonatine   2 comments

ジベルバラ色粃糠疹、再発!

話は変わりますが、最近また恋愛とか仕事とかでストレスMAX!!!な状態が続いてまして。
そんなごたごたのなか、全身ひどい発疹ができて皮膚科通いを続けるもなかなか原因がわからず。
痒みがひどいため寝れないし、見た目も気持ち悪くて治るかどうか気が気でなく、悪化をたどるばかり。
結局ジベルバラ色粃糠疹と診断されたのは病院に通って2週間後でした。
今は湿疹も枯れてきてて、順調に治ってきています。
これにかかるのは二度目でジベルは再発しにくいらしいけどしちゃったわー。

割と多い皮膚病なので詳しいことを載せちゃいますね。
ジベルに関するサイト→コチラ
大病ではないし、ほっといても治るらしいんですが、今回は前回を上回る強烈な掻痒感とグロテスクな湿疹。
最初は首の後ろとか胸の横とかとにかく柔らかい部分に虫さされのようにできました。
それが、痒みの増加と、真っ赤にただれた皮膚。
柔らかい部分だけでなく、体のいたるところが痒い!でも顔や足、手の日のあたるとこにはできにくいのが特徴。
あとはらせん状に発疹ができるらしいのだが、らせんどころかひどすぎて判別は困難だったようです。
あまり痒みがないことが多いらしいのですが、気が狂いそうに痒かったです。
で、皮膚科ではステロイドの強いのを処方されました。
でも、この病気はほとんどステロイドは効かなかったです。
私の場合、快方に向かったのは前回同様、ビタミン剤を飲むようになってだと思います。
それとたまたまあった、ユベラ軟膏。
これはビタミンの入った軟膏なので、いいかな?と思って勝手に塗りました。
だって、病院のステロイドとかヒルドイドが全然効かないんだもん。
そしたら痒みもおさまるし、治りもよくなりました。
責任は持てませんが、ビタミンは有効のように思いますので、皮膚科の先生に相談してみるとよいと思います。
1か月ちょっととの戦いで、何とか治りかかっておりますが、完治はもうちょっと先になりそうです。
スポンサーサイト
Posted by sonatine   2 comments

2012

★★★☆☆
(話は好みじゃないけど、映像は◎!)

お友達のリクエストにて。
割と評判がいいみたいですね。レイトショーで行ったのに、中央席は埋まってました。
2012年、マヤ文明の予言にあったように天変地異があちこちで起こって人類は滅亡する。
舟へ願いを込めて逃げ込もうとする人々。地図を手にして家族を守り抜こうとする父親たち。
家族映画のように見えても、ドラマ性がイマイチだから、映像を楽しむ映画かも。。。

道路があちこちで陥没や隆起して、火山は噴火。車も吹っ飛ぶしビルは倒れるし、ヒマラヤにはぶつかろうとするし、
バカでかい津波はくるし、これでもかーってぐらいあっちこっちぶっ壊されてます。
スケールが大きすぎて、放心状態。

シェルターに乗るにはチケットが必要で、チケットを買うには莫大なお金が必要。
私なら確実に乗れません(笑)でもチケットを変えたとしても家族と離れ離れになるのならいらないな、と思った。
恋人も夫もいない私は家族が一番大事で、もし世紀末が来たときは迷うことなく家族といる。
その想いを強くしました。

こんなに酷い大災害が起こったら、生き残った人たちの間で争いは避けれないだろうし、
食糧難や病気、環境へ適応できずに死んでしまったり、いろんな問題がでてくるだろう。
むしろ、災害の後をどう生きるかの方が私は興味があったし(かなり醜い人間模様になりそうですが)、
生きるか死ぬかの問題ってもっと争いが起きるものだと思う。
どうも結末が甘っちょろいというか、リアリティのなさにしらけてしまった・・・。
これ、面白いのか?ムムム・・・

世紀末ものって毎回ヒットしますよね。ディアフタートゥモローとかアルマゲドンとか。
作品が素晴らしいものあると思うんですが、どうも人間には破滅願望があるような気がするんです。
リセットしたい、という願い。
世界不況といわれる現代だから、というより現状が嫌な時に「自分なんて消えてしまいたい!」という思いの延長で、すべてをゼロにしたい、世界を終わらせてキレイになればいいのにと思う気持ちをみんなちょっぴり持ってるからなんじゃないかな?

何が起こるかわからない。こういった大きなことじゃなくても、周りの大切な人や自分や、それ以外のすべてのものが。不変なものは、ない。
そう考えたときにとても怖くて、子供のころ怖かったように、家族が誰かが亡くなってしまったらどうしようと思って、どうかそれはもっとずっとずっと先のことでありますようにと願った。
Posted by sonatine   0 comments

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

250_100.jpg

★★★★☆

小池徹平くん主演の映画です。
ブラック会社ではないのですが、人間関係がブラックなので、会社にたてつく映画を見たくて見てみました。
コメディぽいのかな?と思ってたら想像よりシビアで、前半は品川演じるリーダーにイライラ怒り
見て爽快っていうより逆にストレスたまってキターー!!!と思いきやラストはちょっとすっきりしました。
なかなかいい映画でした。
小池徹平くん、かわいい俳優さんというイメージだったけど、なかなかやりますなぁ。
「うざい」にはちょっと笑えた。

本当に仕事辞めたくて、ストレスもたまりまくってたときに見たので、
ここよりうんとマシだな、と思ったのと、「まともになりたかったんだよ!」「もう限界だったんだよ!」が響きました。

中小企業に勤めている私らなんかの仕事は難解なわけじゃないけど、こういう小さなパワーが、世の中を支えているんだと感じました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。